フォト
無料ブログはココログ

« 太鼓持ちバンド「キラキラナイト」で弾け飛ぶ…⁉︎その2 | トップページ | 北脇、10数年振りのオーディションに挑戦…⁉︎ »

2015年12月 9日 (水)

「北脇貴士の大相撲甚句」これにて千秋楽!結びの一番は「板井圭介」⁉︎

Image

この眼光鋭い男性は元・大鳴戸部屋 小結「板井」関。
相撲ファンなら「あの板井…⁉︎本当に板井圭介なの?」と思われるかも知れませんが、正真正銘 板井圭介さんであります。

そしてFM西東京で2006年10月から放送開始しました「北脇貴士の大相撲甚句」も12月27日をもちまして終了する事となりました。
放送500回目前で終了する事は非常に残念ですが、番組を通じて多くの皆様方と出会い学ばせて頂き、本当に幸せな経験をさせて頂きました。

その大相撲甚句の最後、結びを飾るゲストは誰が良いのかを考えに考えた結果が板井関でした。

板井関と言えば当然、大相撲界のみならず世間をも震撼させた書籍…。

Image_2

「中盆」を避けては通ることは出来ません。
いわゆる相撲界の裏を書き綴った暴露本でありますが、北脇としては「何故そのような本を執筆し出版したのか?恐怖は無かったのか?事実はともかくとして名指しされた力士の事をどう考えているのか?」など、長年疑問に思っていた事を聞き出したいと考えていました。

当然、興味本位や中途半端な気持ちではなく、10年続けさせて頂きました番組の集大成として真剣勝負を挑む気持ちで板井関とがっぷり四つで戦わせて頂いたと思っております。
(オンエアをお聴き頂ければ、その緊張感は皆様もご理解頂けると信じております。)


Image_3

現役時代の板井関のお話しは勿論、実業団の星と謳われた板井関のアマチュア時代のお話し、大鳴戸親方との確執、その他にもお寄せ頂きました方々からのメールを中心に板井関に質疑応答して頂きました。

当然、実名など放送に不適切と思われる箇所は編集させて頂きます。
北脇自身も最後の大仕事だと思い身の引き締まる思いですが、実際の板井関は拍子抜けしてしまうくらい気さくで穏やかでユーモアで驚いてしまいました。

そんな板井関をご紹介して下さいましたのが…。


Image_4

整体師で相撲博士の菅原尚晋さん。
北脇のラジオを聴いて下さっていたリスナーさんだった方が、まさか番組のコーディネートや情報提供して下さる人物になるとは夢にも思いませんでしたし、10年も続けさせて頂けるとも思っていませんでした。

ちなみに「中盆の本、板井関にサインして頂いたらどうですか?今は入手困難ですよ。」と言われ、板井関にお願いをしましたが「そんな本、見たくもない。勘弁して下さい…。」と言われてしまいました。

その辺りの経緯も番組でお話し頂いております。


Image_5

「北脇貴士の大相撲甚句」結び前、結びの放送は12月20日27日(日)深夜12時からです。
FM西東京のサイトからパソコンやスマートフォンですリアルタイムでお聴き頂けますし(http://842fm.west-tokyo.co.jp/)

ポッドキャストからは翌朝以降配信します。
http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi4/
どうぞお聴き下さい!

« 太鼓持ちバンド「キラキラナイト」で弾け飛ぶ…⁉︎その2 | トップページ | 北脇、10数年振りのオーディションに挑戦…⁉︎ »

コメント

終わってしまうんですね。そういう自分は あまり聴いていませんが、また パソコンで開いてみます。

収録大変お疲れ様でした。
板井関が廃業(引退)されてからはだいぶ月日が流れました。
板井関もだいぶお痩せになりましたね。

この世にFM西東京の『北脇貴士の大相撲甚句』の存在を知ったときは確かまだ50回になるかならないかの頃でした。
あれから早いもので10年近く・・・。

放送楽しみにしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2199289/62879663

この記事へのトラックバック一覧です: 「北脇貴士の大相撲甚句」これにて千秋楽!結びの一番は「板井圭介」⁉︎:

« 太鼓持ちバンド「キラキラナイト」で弾け飛ぶ…⁉︎その2 | トップページ | 北脇、10数年振りのオーディションに挑戦…⁉︎ »